2018/6/4 MONDAY

55丁目商店街 ノート 果林

55丁目商店街 ノート 果林

55丁目人情物語~第二話~

母はひどく料理が苦手で、林檎の皮も満足に剥けないような有様だった。
私が風邪をひいた時にはいつも、すまなそうな顔をしてフルーツサンドを買ってきた。
そのときに「ありがとう」の言葉が出てこなかった後悔を、家を出て10年経つ今でも覚えている。
だから、改めてお礼を言う代わりに私もまた、果林のフルーツサンドを母に買って帰るのだ。

今日の素敵なグッズを紹介。
あなたにぴったりな魅力的なグッズが
きっとみつかります。
毎日更新されるのでお楽しみに!