ハンドスピナー

ちょっと前に流行っていたハンドスピナーをブームが去った後に手に入れて、時々クルクルと回しています。
何でこんなものが流行ったのかと疑問に思いつつ、意外と楽しくて手放せません。
元々は医療用か何かで発明されたハンドスピナー。確かにボーっと見ていると、少し心が落ち着く気がします。
このハンドスピナーも思いっきり回すと5分ぐらい回るんですが、いいものだと10分ぐらい回り続ける凄いものもあるそうで、そういったハンドスピナーは中にあるベアリング部分がとても優れているそうです。
なかなか奥深いハンドスピナー。ぜひボーっとしたい時にクルクル回してください。
※安物はあまり回らないので、ちょっとだけ高いやつがおすすめです。

taniguchi

SOU AKADA 起上りキーボードブラシ

いつだったか誕生日プレゼントに貰った、パソコンのキーボードのほこりをはらうブラシです。
家であまり使わなかったので、職場に持ってきたところ意外と役に立ってます。
台座がついていますが、ブラシだけでもしっかりと自立してちゃんと起上ります。
馬の毛を使ってるという事なので肌触りがとてもよく、個人的には髭剃りの時の泡立てブラシにも使えそう・・・と思っています。まあ使いませんけど。

taniguchi

ハッセルブラッド 500 c/m

フィルムカメラにはまっていた時に買った、
お気に入りのカメラです。

重くて持ち運ぶのには不便。
フィルム1個で12枚しか取れない。
フィルム+現像代が高い。
などなど、不便な部分は多いですが、
1枚1枚の写真を頑張って撮ろうとか、
いい雰囲気の写真が取れたりとか、
メカっぽくて、ガチャガチャ音がなるとか。
その不便さに見合うだけの価値があるように
感じるところがまたいいカメラです。

しばらく使ってないけど、
手に取るとニヤニヤしてしまうから
またそのうち撮りに行きたくなったら
持ち出そうと思っています。

その時困るのはきっとフィルムの現像場所だろうな
なんて考えると、今から少し憂鬱です。

taniguchi

工具ボールペン

工具の形をしたボールペン3個です。
見たまんまですね。
変な形したボールペンが結構好きで、これもどこかのフリーマーケットで新品が安売りされていたのを思わず買ってしまった物です。
重いのでボールペンとしては使いにくく、工具探している時にこれが目に入ったら思わず手に取ってしまい「あ、違った」とかにこれから
なるんじゃないかとヒヤヒヤしますが、なぜか気に入っているボールペンです。
ちなみに意外と書き心地は良いんです。
もっと変なボールペンを手に入れたら、またご紹介します。

taniguchi