BALENCIAGAの「ホテルキータグ」

知人がイタリア旅行の際に「ちょっと早いけどね。」と言って誕生日プレゼントしてくれたものです。ホテルのキーに付いているタグをイメージしたものでゴールドの型押しが施されています。写真では伝わりにくいかもしれないのですが、長さが16㎝もあるので相当な存在感があります。懐かしい感覚と新しい感覚の融合しているところがお気に入りです。

2015年にBALENCIAGAのヘッドデザイナーにデムナ・ヴァザリアが就任以来、私好みの感覚のバッグや小物が登場しています。ブランドは、デザイナーが変わると雰囲気が新鮮なものにはなるのですが、大事な部分「レガシー」はきちんと伝わってくるものになっているところがすごいところです。私達の会社のブランドも、ブランドしてあり続けるためにはこのようなことが必要だなと感じています。

もらってからずっと、何につけるとこれが一番おしゃれに見えるか悩んでいます。

shiozaki

ネコの楊枝入れ

毎年8月の初めに京都の五条坂で「陶器まつり」があります。清水焼の発祥地の五条坂で、色々な窯元さんや作家さんが出店を出されています。
7~8年前のこのお祭りで心を鷲掴みにされた作家さんと出会えました。その時に買ったもの、「ネコの楊枝入れ」。(お香立てにもなる)なんでそんなにゆるい空気?デスクに置いて辛い時に眺めては癒されていました。
次の年の陶器まつりにも行きましたが再びこの作家さんと出会うことは出来ませんでした。
長年の片思い…。
今年、PLAYCOURTが始動。私の好きなあのネコの楊枝入れの作家さんの作品を紹介したい!ネットで探して展示会にようやく行かせていただき長年の思いを伝えることが出来ました。そして私達のお店「WARP to PLAYCOURT」で置かせていただいております。
近日中には PLAYCOURTでも皆様にお届けしたいと思っています。
藤田美智さんHP↓
http://t.misatofujita.com/

shiozaki